FC2ブログ







2020年05月05日(火)

「先送り」は生物学的に正しい 究極の生き残る技術 



著者:宮竹貴久
発売日: 2014/3/20

評価〔B+〕 あの手この手で生き延びています。
キーワード:進化生物学、処世術、

状況が変わるのか、変わらないのか、そのときどきの環境に合わせた「変化」と「選択」が求められるのだ。(第2章より抜粋)


昆虫を始めとして様々な生き物の生態や行動から、現代社会を生き残る技を学びます。主に自分より力の強い者や立場が上の者に対してどうすれば生き延びていけるのか、その手法(対捕食者戦略)を考察しています。

題名や裏表紙からは処世術の本のように見えますが、実際は生物の生態の紹介が大部分なので、実用にはあまり向かないと感じました。しかし、生物の本としてみると興味深く、弱者には弱者の生き方があるのだなと感心しました。先送りにも触れていますが分量はそれほど多くありません。変容、擬態、寄生と多種多様な生態に触れています。

著者の専門である死んだふりは何の役に立つのかピンとこなかったのですが、敵が動くものに先に反応するという詳細を知ってかなり面白かったです。会議で指名されないように上司と目を合わせないあれと同じだと説いていて分かりやすかったです。授業の先生の指名も一緒ですね。また、食物連鎖の考え方よりも新しいフードウェブ(食物網)や、托卵で有名なカッコウ戦略も騙される側も変わりつつあるのも興味深かったです。

子孫を残せば満点といった進化生物学の視点は、競争社会の上昇志向とは異なり多少違和感がありますが理解できます。一見後ろ向きにも思えるこうした戦略は、人間の社会でも有効なのかもしれません。



[ 2020/05/05 16:35 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

2020年05月05日(火)

2020年4月の読書メモ 

白熱日本酒教室 3 〔完〕〔B+〕
神様ドォルズ 9〔C+〕
さあ、地獄へ堕ちよう  (角川文庫)〔C-〕
予想どおりに不合理〔S-〕
ざつ旅-That's Journey- 2〔B+〕

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? 8〔B〕
ファンタジスタドール イヴ〔B+〕
神様ドォルズ 10〔B-〕
見晴らしのいい密室〔C+〕


以上、9冊でした。活字の本も読みましたが漫画のほうが1冊多かったです。全体的に悪くない印象でしたけど「予想どおりに不合理」を除くとCが多いですね。

「予想どおりに不合理」は久しぶりに出たSです。A+と迷いましたが思い切ってS-にしました。どこからSなのか自分でもよく分かっていません。満足度かな。だいたいの感覚でつけています。

「見晴らしのいい密室」も迷いました。こちらは満足した短編よりもそうでなかったもののほうが多かったので、迷った結果Cとなりました。個々の評価はまた別です。例えば「忘却の侵略」だけだったらAです。




[ 2020/05/05 16:33 ] 月別まとめ | TB(0) | CM(0)

2020年04月29日(水)

見晴らしのいい密室 



著者:小林 泰三
発売日: 2013/3/22

評価〔C+〕 合うのと合わないものの差が大きい。
キーワード:SF、短編集、時間旅行、仮想空間、

「やはり敵は目に見えない侵略者なんですか?」(忘却の侵略より抜粋)


表題作をはじめ、全部で7つの短編からなる短編集です。本書は注意点があります。著者の既刊「目を擦る女」の3編を他の3編と入れ替えたものなので、「目を擦る女」を既読の方はその点を考慮して読んでください。

分かりやすい物語よりも思考実験のようなややこしい論理の物語のほうが多いです。軸となるアイディアはなかなか面白くて、短編ではなく長編で読んでみたいものもありました。「忘却の侵略」は分かりやすくてオチも好みです。「予め決定されている明日」の世界設定もよく考えつくなあと感心してしまいます。

また、よくあるSFに限らずサスペンスホラーやミステリもあり、幅広い意味でSFと呼べそうなものを詰め込んだのかもしれません。重々しいものやライトノベルのように軽いものもあり、読者はどれかしらは好みのものがありそうです。

「探偵助手」は挿絵がQRコードになっていますので、何か読み込める機器を用意して読んでください。他の人の書評を見るまでQRコードなしでも理解できると思っていましたが、最後のオチがそれでないと読めないので必須でした。

アイディアは良いのですが論理が分かりづらく、読み返すことが多々ありました。結末がすっきりしないものもあり、全体的にそれほど好みではなかったかな。部分的には好きなところはありますけど。後でまた読んだら感想が変わりそうな本です。



[ 2020/04/29 20:44 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2020年04月25日(土)

神様ドォルズ 10 



著者:やまむらはじめ
発売日: 2012/3/19

評価〔B-〕 人が多くない?
キーワード:超能力、案山子、隻、村の因習、アクション、恋愛、

「桐生!! 今、お姉ちゃんが助けてあげる!!」(本文より抜粋)


強大な敵との戦闘が続きます。クライマックスのはずなのですが色々な人物が交代で登場し場面が切り替わるので、盛り上がるところで盛り上がりきらなっていない感じがします。

某が聞きたかった阿幾と匡平の過去の会話が良かったです。阿幾の内面を垣間見ることができて興味深いです。主人公の一人としてもっと物語の中心で目立ってほしいです。

前々から気になっていた案山子の戦闘が分かりづらいのは、アップになるとどの案山子がどれなのか判別しにくいからなのかもしれません。パッとすぐ分かるのは玖吼理と宇輪砲くらいかなあ。

どのような結末になるのか。



[ 2020/04/25 20:50 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年04月25日(土)

ファンタジスタドール イヴ 



著者:野崎まど
発売日: 2013/9/20

評価〔B+〕 こういうのも書くんですね。
キーワード:近未来、SF、

そうして溜まった欲求は、捌け口を求めて、私を少し病的なまでに、サイエンスの思考へと向かわせた。(第三の力より抜粋)


一人の科学者がどのように育ち、どのように科学の道へと進んでいくのかを一人称で描く近未来の物語。アニメ「ファンタジスタドール」の前日譚です。

まずアニメ本編を見ていなくても、本書だけでも十分楽しめます。ただし、未来の技術や世界を扱いながらも主人公・大兄(おおえ)の個人的な欲望とともに語るので、好き嫌いがはっきり分かれそうです。SFの部分だけ取り出せばよくありそうですけど、彼の心情の揺れが苛烈で印象に残ります。

あとがきという名のエピローグでご婦人が最後に言った言葉を見た瞬間、やはりそうだよなと腑に落ちました。なんかモヤモヤとした感覚を抱えつつ読んでいた気分をしっかり言語化してくれてすっきりしました。

読後、ちょっと興味があったのでアニメを調べてみたら可愛らしい雰囲気で、本書の堅苦しい感じは全然なくて驚きました。



[ 2020/04/25 20:48 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2020年04月18日(土)

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? 8 



著者:ぽんとごたんだ
発売日: 2020/2/28

評価〔B〕 珍しく調理に苦戦。
キーワード:グルメ、食材、雑食、珍味、

「口に入れていいか味見して確かめてみます」(43食めより抜粋)


本シリーズを読んでいると、彼女たちが何に挑戦してもそれほど驚かなくなりました。興味は食べられるかどうかよりも美味しいのかどうかのほうに移ってきている気がします。

印象的だったのはよく見るある食材でのジャム作りです。意外というか当然というべきか、調理するのが難しいみたいです。昔の人ってあのように試行錯誤して食べられる形にしていったのではないでしょうか。あくなき好奇心、もしくは食欲です。

これからも味の感想は正直に書き続けてもらいたいです。



[ 2020/04/18 15:54 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

2020年04月18日(土)

ざつ旅-That's Journey- 2 



著者:石坂 ケンタ
発売日: 2020/2/10

評価〔B+〕 師匠の友人、個性強い。
キーワード:旅、無計画旅行、漫画家、

視点が増えたのかも。みんなと旅することで・・・。(本文より抜粋)


旅の行き先をSNSで決めるちかの緩い旅。同行者に最終目的地を決めてもらうなど、ところどころ計画的にはなりますが基本的には変わりません。新たな登場人物も出てにぎやかになってきました。

きっかけは一人旅でしたが、だんだん友人や知人と行く旅が増えてきました。もう一人旅はしないのかなと気がかりでしたが、2巻でもしていて安心しました。色々な旅を見せてほしいです。

意外だったのは終盤の第9旅です。あれは安くないのであまり興味なかったけれど、なんだか予想以上に快適そうで試してみたくなりました。覚えておこう。



[ 2020/04/18 15:52 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)