2017年03月14日(火)

新装版 マジックミラー 



著者:有栖川 有栖
発売日: 2008/4/15

評価〔B+〕 わかりやすく面白いトリックでした。
キーワード:アリバイ、推理、双子、文庫化

「みんなにある。いわゆるアリバイが」(第三章より抜粋)


密室とアリバイは推理物のツートップ、のような文章をどこかで読んだことがあります。その二大ジャンルのうちのひとつ、アリバイを主題とした推理小説です。

冒頭の殺人事件を追ううちに電車の時刻表が出てきた時は、正直好みじゃないからつまらないなあと思っていたのですが、ここで投げ出さなくて良かったです。なぜなら、第二の事件の真相が分かりやすく面白かったからです。ミステリマニアの方々からしたら、もしかしたら見慣れたトリックなのかもしれませんけど、複雑でなく意外性があって楽しめました。

第七章で推理作家が話すアリバイ講義も興味深かったです。事件をとくヒントにもなりますが、それを抜きにしても様々なタイプのアリバイ作りが書かれていて面白いです。もう少し語って欲しかったです。あとがきに書かれたアリバイの作例に興味が出てきました。後で読んでみようかな。



[ 2017/03/14 21:44 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年02月25日(土)

電話男 (ハルキ文庫) 



著者:小林 恭二
発売日: 2000/06

評価〔B〕 評価が難しいなぁ。
キーワード:電話、コミニュケーション、文庫化、

わたくしたち電話男は、もともと人の話を聞く一方の存在でして、すすんで、人に話をするような習慣は持ち合わせておりません。(本文より抜粋)


電話男は無報酬でどんな話も聞き、文句も言わず自分からは電話を切りません。ただ相手の話を聞くだけの人々は、個人にそして社会にどのような変化をもたらすのか。同じ世界をそれぞれ違う角度から見た、中編2つを収録しています。1987年に出た単行本を文庫化したものです。

2編とも人と人とのコミュニケーションを描いた物語ですが、インターネットや携帯電話が普及する前に書いたとは思えないほど、古さを感じさせません。某が個人的な考えとして知恵と感覚について語っていますが、これがなかなか興味深いです。一過性の社会問題なのか、それとももっと重大な何かなのか。

個々の具体的な物語から人類共通の抽象的な話へと移っていくので、娯楽小説のような良くある分かりやすい面白さはありません。もっと本質的なことを語っているのですが、分かったような分からないような・・・・・・もう一回読まなきゃダメかな。つまらなくはないですが、面白いかと言われると躊躇ってしまいます。抽象概念が好きな人には進めますが、人を選ぶ本だと思いました。



[ 2017/02/25 21:35 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年12月29日(木)

ちょっと今から仕事やめてくる 



著者:北川恵海
発売日: 2015/2/25

評価〔B+〕 実に現代的なエピソードじゃないのかな。
キーワード:仕事、職業、人生、

「久しぶりやな! 俺や、ヤマモト!」(本文より抜粋)


あー、初めて働く会社でうまくいかず、行き詰ってしまうことってあるよなー、と思って読んでいたのですが、よく考えたら私もそうでした。時間が経った今となっては客観的に見られるようになったと思いますが、それでも主人公・青山隆の人生がうまくいかない気持ちはよく分かります。

隆は疲れ切って会社から帰る途中、ヤマモトに助けられます。ヤマモトと接するうちに、隆は少しずつ変わり始めて・・・・・・という話ですが、推理小説のようなどんでん返しやコメディのような笑いはありません。中盤の事件の真相やヤマモトの正体も、途中で分かってしまいましたので驚きもありませんでした。しかし、読後感はかなり良かったです。帯に書かれた『人生応援ストーリー』という言葉がしっくりきます。

ライトノベルのような読みやすさと一般書籍で扱うテーマが合わさった、メディアワークス文庫らしい本だと感じました。劇中の隆のような状態の人にとって、本を読むことは時間もないし体力も使うので気が向かないと思いますが、そういう人にこそちょっとでも余裕があるうちに読んでもらいたい本です。これから社会人になる人にもおすすめです。



[ 2016/12/29 21:35 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年10月13日(木)

ジーキル博士とハイド氏 (光文社古典新訳文庫) 



著者:ロバート・ルイス スティーヴンスン (著), Robert Louis Stevenson (原著), 村上 博基 (翻訳)
発売日: 2009/11/10

評価〔C〕 精神だけでないのが驚きです。
キーワード:イギリス、人格、医者、サスペンス、

わたしをこんなわたしにしたのは、なにかの欠陥の肥大よりは、妥協を許さぬ向上心であり、それがわたしのなかに、人間の二面性をかたちづくるあの善と悪の領域を、大多数の人におけるよりも深いみぞをもって二分したのだ。(本文より抜粋)


解説にもありましたが、有名であるけれど読んだことのある人は実は少なそうです。二重人格もしくは人の二面性を題材とした有名な作品で、本を読まない方でも本書がそれらの代名詞であることはご存知だと思います。

実際読んでみて驚いたのは、ジーキル博士の視点で展開するのではなく、彼の友人のアタスンを軸に進むことです。謎がありそれを解明していくサスペンスの構成で、単純に心理描写だけよりも面白いと思います。また、ハイドになると外見も変わってしまうことはかなり意外でした。少し現実味が薄れ、創作色が強くなった気がします。

終盤のジーキル博士の独白は苦悩が恐怖が伝わってくる文章でしたけど、どこか読みづらい印象を受けました。彼のような心境がうまく想像できないからでしょうか、それとも文学的な表現だったからでしょうか。単に読解力不足なのかも。文学的な難解な言い回しよりも、短く誌的な表現または一言に全てがつまっているような台詞のほうが分かり易くて好きです。

本書が初めて世に出て、初めてこうした人格を知った人々は驚いたに違いありません。エポックメイキング、新境地を開いた作品でした。でも、当時は衝撃的だったかもしれませんが、今では珍しくない良くあるテーマで、残念ながら新鮮さはありませんでした。



[ 2016/10/13 21:50 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年10月13日(木)

人格転移の殺人 



著者:西澤保彦
発売日: 2000/2/15

評価〔B+〕 ややこしいSF推理小説。
キーワード:推理、人格交換、

自分が一夜にして、まったく他人の身体に変身してしまった、なんて事態は、いったいどういうふうに理解すればいいのであろうか。(本文より抜粋)


人格が入れ替わるなんてSFみたいだなと思っていたら、比喩でもなんでもなく本当にそのとおりだったので、推理小説でこういうのもありなのかと驚きと感心が入り混じった気持ちになりました。しかし、著者は超能力が存在する推理小説も書いているので、納得と言えば納得でしょうか。

アメリカのファーストフード店で偶然居合わせた6人の男女が、ある出来事がきっかけで人格が入れ替わります。混乱の中で話し合いが始まりますが、唐突に事件が起きてしまいます。犯人は誰の人格が行ったのか?を推理するわけですが、最初はとにかく戸惑います。名前を覚えたかと思ったら、入れ替わってしまいますので。

中盤、物語が急展開します。予想外で緊張感のある場面の連続でひきこまれますが、せっかく面白いルールがあるので、一人ひとりじわりじわりと退場していく展開が見たかったです。推理をしようとしても誰が誰だっけ?となり、加えて他の人物も誰が誰かも考慮しなくてはならず、真面目に解こうとすると本当にややこしいです。

最後の最後に明かされるあの真相は、読後感を良くしてくれます。ネットの評判はかなり良いですが、期待しすぎたためか白眉というほどでは・・・・・・好みの問題なのかもしれませんね。実写化したら映えそうです。




[ 2016/10/13 21:47 ] 小説 | TB(0) | CM(0)