2016年12月21日(水)

最後のレストラン 6 



著者:藤栄道彦
発売日: 2015/3/9

評価〔B+〕 だんだん外に出る話が多くなってきました。
キーワード:料理、偉人、歴史、グルメ、

「面津氏の「カントリー」から横須賀の温泉に泊まりに来ないかって」(本文より抜粋)


偉人と料理の漫画も6冊目です。

レストラン「ヘブンズドア」だけでなく、外での話も増えてきました。本書では今までにないくらい大掛りなものが登場します。あれだと偉人が来店するのではなく、園場たちがタイムトラベルしているかのようです。面津が映画で見た台詞を本人の前で言ってみせる場面があるのですが、案外あのようなシンプルな価値観だったのかもしれませんね。いやに印象に残りました。

登場人物が極端に少ない回は結構新鮮でした。マンネリ化しないための工夫でしょうか。なかなか味のある話だったと思います。また、いつものように難題を思い切った発想で解決するエピソードもあり、こうした良い話は実にこの漫画らしくて良いですね。

あの新しい登場人物は、これからも出てきそう。園場たちとどのような関係になるのか楽しみです。


スポンサーサイト

[ 2016/12/21 21:48 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/996-a7277f3d