2009年08月30日(日)

氷菓 

氷菓 (角川スニーカー文庫)氷菓 (角川スニーカー文庫)
著者:米澤 穂信
出版:角川書店
発行:2001/10

評価〔B〕 殺人がない学園推理もの
キーワード:青春、日常の謎

「なにかがあったんです、三十三年前に、この古典部で。」(本文より抜粋)


推理ものでそれほど重くなく、そして長くなさそうな本をと思い、この本を選びました。前から少しだけ気になっていたのも確かですし。

余計なことはしない主義の高校一年生・折木奉太郎が、思いがけないことから半ばなりゆきで古典部に入部し、好奇心旺盛な同級生・千反田えるに会い、小さな日常の謎を次々と推理をしていきます。そして、最大の謎となる三十三年前に起きた事件に挑みます。学園ミステリーってやつですね。

奉太郎は推理するに当たって、あからさまなヒントはくれません。推理する材料がそろうと、スパッと解いてしまいます。このあたりは推理漫画のQEDに似ています。また、推理ものですが文章も内容も硬くなりすぎず、読後感も良いのも似ていると思います。高校の文化部ってこんな感じなんでしょうか。

派手な盛り上がりはありませんが、好感が持てました。続編があるらしいので、米澤穂信の本で次に読むとしたらそれか、今回読もうか迷った小市民シリーズの続編である「秋期限定栗きんとん事件」かな。ま、次に何を選ぶとしても、きっと安心して読むことができるでしょう。


スポンサーサイト

[ 2009/08/30 22:24 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/99-dc63e120