2016年11月19日(土)

世論調査とは何だろうか 



著者:岩本 裕
発売日: 2015/5/21

評価〔B〕 調査するほうも苦労します。
キーワード:世論調査、統計、選挙、RDD調査、アンケート

世論調査は世論操作ではありません。そう思われかねないような質問は厳に避けるべきなのです。(本文より抜粋)


テレビや新聞でしばしば世論調査の結果が発表されているように感じます。質問は政党の支持率、仕事や結婚などの考え方など多岐にわたって行われ、国民の意見・意識を知ることができます。結果によっては政策を変えることもあります。大きな影響力を持つ世論調査はどのようにして始まったのか、なぜ少人数に尋ねるだけで全体の意思を知ることができるのかを、なるべく数式を排して説明しています。

調査の歴史を紐解くと、選挙や政治と密接に結びついていることが分かります。民主主義は民意に基づくものなので、当然と言えば当然かもしれません。また、調査方法は時代によって変遷していて、従来の固定電話に掛ける方法は回答率が落ちてきているのだそうです。主な理由は固定電話を持たない世帯の増加やプライバシーの意識の変化で、調査する人の苦労が分かる気がします。どの調査方法も長所短所があり興味深いです。

調査側の主張に騙されない世論調査の読み解き方も紹介しています。質問の仕方や選択肢の選び方、質問の順番によっても答えが変わる可能性があることを指摘しています。統計による誤差や有意差も解説があり、統計の嘘に丸めこまれないよう注意することが大切です。こうした調査の読解力を高めたい方には、「社会調査のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ (著、谷岡 一郎)」がおススメです。

著者は、世論調査は民主主義社会に与えられた武器だと説いています。世論操作のために利用される危険もありますが、自分に調査が来た時は、なるべく協力しようという気持ちになりました。



スポンサーサイト

[ 2016/11/19 21:26 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/989-77ee50e0