2016年10月13日(木)

ジーキル博士とハイド氏 (光文社古典新訳文庫) 



著者:ロバート・ルイス スティーヴンスン (著), Robert Louis Stevenson (原著), 村上 博基 (翻訳)
発売日: 2009/11/10

評価〔C〕 精神だけでないのが驚きです。
キーワード:イギリス、人格、医者、サスペンス、

わたしをこんなわたしにしたのは、なにかの欠陥の肥大よりは、妥協を許さぬ向上心であり、それがわたしのなかに、人間の二面性をかたちづくるあの善と悪の領域を、大多数の人におけるよりも深いみぞをもって二分したのだ。(本文より抜粋)


解説にもありましたが、有名であるけれど読んだことのある人は実は少なそうです。二重人格もしくは人の二面性を題材とした有名な作品で、本を読まない方でも本書がそれらの代名詞であることはご存知だと思います。

実際読んでみて驚いたのは、ジーキル博士の視点で展開するのではなく、彼の友人のアタスンを軸に進むことです。謎がありそれを解明していくサスペンスの構成で、単純に心理描写だけよりも面白いと思います。また、ハイドになると外見も変わってしまうことはかなり意外でした。少し現実味が薄れ、創作色が強くなった気がします。

終盤のジーキル博士の独白は苦悩が恐怖が伝わってくる文章でしたけど、どこか読みづらい印象を受けました。彼のような心境がうまく想像できないからでしょうか、それとも文学的な表現だったからでしょうか。単に読解力不足なのかも。文学的な難解な言い回しよりも、短く誌的な表現または一言に全てがつまっているような台詞のほうが分かり易くて好きです。

本書が初めて世に出て、初めてこうした人格を知った人々は驚いたに違いありません。エポックメイキング、新境地を開いた作品でした。でも、当時は衝撃的だったかもしれませんが、今では珍しくない良くあるテーマで、残念ながら新鮮さはありませんでした。


スポンサーサイト

[ 2016/10/13 21:50 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/980-9ae03919