2016年10月13日(木)

人格転移の殺人 



著者:西澤保彦
発売日: 2000/2/15

評価〔B+〕 ややこしいSF推理小説。
キーワード:推理、人格交換、

自分が一夜にして、まったく他人の身体に変身してしまった、なんて事態は、いったいどういうふうに理解すればいいのであろうか。(本文より抜粋)


人格が入れ替わるなんてSFみたいだなと思っていたら、比喩でもなんでもなく本当にそのとおりだったので、推理小説でこういうのもありなのかと驚きと感心が入り混じった気持ちになりました。しかし、著者は超能力が存在する推理小説も書いているので、納得と言えば納得でしょうか。

アメリカのファーストフード店で偶然居合わせた6人の男女が、ある出来事がきっかけで人格が入れ替わります。混乱の中で話し合いが始まりますが、唐突に事件が起きてしまいます。犯人は誰の人格が行ったのか?を推理するわけですが、最初はとにかく戸惑います。名前を覚えたかと思ったら、入れ替わってしまいますので。

中盤、物語が急展開します。予想外で緊張感のある場面の連続でひきこまれますが、せっかく面白いルールがあるので、一人ひとりじわりじわりと退場していく展開が見たかったです。推理をしようとしても誰が誰だっけ?となり、加えて他の人物も誰が誰かも考慮しなくてはならず、真面目に解こうとすると本当にややこしいです。

最後の最後に明かされるあの真相は、読後感を良くしてくれます。ネットの評判はかなり良いですが、期待しすぎたためか白眉というほどでは・・・・・・好みの問題なのかもしれませんね。実写化したら映えそうです。



スポンサーサイト

[ 2016/10/13 21:47 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/979-181da2c6