2016年10月02日(日)

危ノーマル系女子 3 



著者:真田ジューイチ
発売日: 2015/8/11

評価〔B〕 新たなる事件の予感。
キーワード:アブノーマル、学園、現代

「“狐” ・・・・・・という名の男に遭った事はないか、少年」(本文より抜粋)


2巻の事件は収束し、新たなトラブルが起こりそうな中、シンヤは動き出します。

もうこれ以上は強烈な人はでないだろうと思っていたら、まだまだ普通とはかけ離れた女性たちが登場して楽しませてくれます。大家さんの熱情が大迫力でした。

シンヤが事件を引き寄せるのか、それとも彼自身が問題なのか。彼と周囲の人々の過去にも何か隠された秘密がありそうで、それらは今後明かされていくのでしょう。ただ、彼も彼女たちの友人・知人だけあって普通ではなさそう。

気がかりな点が1つあります。連載しているCOMICメテオを覗いてみたのですが、本シリーズがもう一年以上更新されていないことです。前の作品のように放り投げず続けるか、形だけでもきちんと完結させてほしいです。


スポンサーサイト

[ 2016/10/02 22:04 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/977-04a18d2e