2016年09月25日(日)

厭魅の如き憑くもの (講談社文庫) 



著者:三津田 信三
発売日: 2009/3/13

評価〔B+〕 分厚い本です。それと、まさかの真相。
キーワード:戦後、神隠し、民俗学、ホラー、推理、

ある種の感慨を覚えながら前方を見遣った言耶の眼に、神々櫛村の入口の両脇に立つ二体のカカシ様の何とも不気味な姿が、いきなり飛び込んできた。(弐より抜粋)


戦後、怪奇小説家の刀城言耶が取材で因習が根強く残る辺境の村を訪れ、そこで起きる事件に巻き込まれていく和風ホラーミステリーです。誰かの視点で固定されず、いくつかの視点で順番に物語が綴られていきます。刀城言耶(とうじょうげんや)シリーズの1冊目で、2006年2月に刊行した本を文庫化したものです。

なんといっても長いです。600ページ以上あります。序盤が固有名詞が多く読みにくかったので、最後まで読み切れるか心配しましたが、紗霧の日記からは読みやすくなって安心しました。前半はホラー要素が濃く、後半から終盤にかけてミステリ要素が強まっていきます。分厚い本なので、読んでいる途中でまだ半分も読んでないのかと何回も確認してしまいました。もう少し短くできなかったのかな。ホラーの雰囲気を出そうとすると、仕方ないのかもしれませんが。とにかく長いという良くない印象が大きく残りました。

しかし、最終盤の謎解きでは自分の予想した犯人が当たった?と思ったら、新事実発覚で外れていたり、二転三転して翻弄されましたけど面白かったです。意外過ぎる真相でしたが、見抜けた読者はいたのでしょうか? ヒントはありましたけど、相当難しいのではないでしょうか。

最後が見事だっただけに、その長さだけが残念でした。長くても気にならない人もいますので、好みの問題だと思います。無理に1冊にせず、上下巻に分ければ印象も違っていたと思います。もしも、上下巻だったら、上は評価Bで下は評価Aにしたかもしれません。


スポンサーサイト

[ 2016/09/25 21:55 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/975-2892a6c8