2016年09月25日(日)

俺の棒銀と女王の穴熊 5 



著者:アライコウ (著), 瑞月シノ (イラスト)
発売日: 2015/7/27

評価〔A-〕 プロ棋士も十人十色の人生です。
キーワード:将棋、高校、部活、

「簡単に言うわよ。もう一花、咲かせたいんでしょう? これが最後のチャンスよ」(本文より抜粋)


来是たちの彩文学園将棋部ではなく、プロ棋士たちが主役の短編集です。外伝のような1冊。完全に独立した話ではなく緩く繋がっているので、連作短編集と呼んで差支えないと思います。

対局だけでなく、仕事として将棋を指すプロたちの日常もきちんと描かれています。棋士だからといって突拍子もないことばかりではなく、一般的な社会人と似たような悩みもあると思います。現実味もあり、彼らが身近に感じられて良かったです。一方、対局では彼らは並々ならぬ熱意を示します。これぐらいでなければプロになれないのでしょう。厳しい世界ですね。

3話目では最近話題のコンピュータ将棋も絡めて話が進み、終盤は盛り上がりました。あの勝負の結果は賛否両論ありそうですが、仮に現実に起きたとしたら作中と同じ展開になりそうな気がします。

この巻はライトノベル独特の雰囲気は薄まり、一般書籍に近いです。趣味として将棋は指すけれど観戦しない自分にとって、かなり面白かったです。将棋好きの人におすすめできそう。


スポンサーサイト

[ 2016/09/25 21:52 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/974-d085429c