2016年09月10日(土)

ダンゴムシに心はあるのか 



著者:森山 徹
発売日: 2011/3/19

評価〔C+〕 動物学と心理学の研究とは。
キーワード:生物、動物行動学、心理学、

気がついたのが、このように観察者である私に「おかしいな」と思わせる、「意味不明」な出現の仕方をする変則転向、それはまさしく、心によって発現させられた「予想外の行動」なのではないだろうか、ということでした。

(本文より抜粋)


動物行動学の研究者が、心を解き明かすために行っている最新の研究を紹介しています。

心というと意思や感情を連想しますが、著者が主張している心とは平たく言うと『抑制された精神活動部位』です。意識しているが行動にしない考えのようなものだと理解していますが、今のところ半信半疑です。分かるような、いや違うような・・・・・・どこかすっきりしません。何故でしょう?

読み進めていくと、ダンゴムシの観察をしているだけのように見えますが、実験の意図が分かると面白さが分かります。知能や心があるとは思えない昆虫にも、著者が定義した心はあるように思えてきます。大脳に相当する器官はないのに不思議です。4章でも触れられていましたが、知能や心と器官の関連性も、今後解き明かされていくのでしょう。

動物学が少しだけ具体的に知ることができたのは良かったです。研究はまだまだ続いているので、新たな真実の発見に期待しましょう。


スポンサーサイト

[ 2016/09/10 19:00 ] 自然科学・医学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/970-7ffc4b84