2016年09月03日(土)

Q.E.D.証明終了 42 



著者:加藤 元浩
発売日: 2012/6/15

評価〔B+〕 論理パズルはこのシリーズらしい題材でした。
キーワード:推理、謎解き

ミアさんがパズルで出したヒントの本当の意味は?(本文より抜粋)


前半はユニークな新築ホテルで起きた事件「エッシャーホテル」、後半はある女性技術者の意図を探る「論理の塔」の2本です。

「エッシャーホテル」は派手な展開で見栄えがします。しかし、珍しく勘が働いて犯人の見当がついてしまったのが残念でした。トリックは分かりませんでしたけどね。あの冒頭のシーンはあからさまだったと思います。

一方、「論理の塔」は論理パズルがテーマです。論理学は一見数学のようですが、哲学の領域だったような・・・・・・まあ面白いからいいか。『嘘つき族と正直族』のように一つひとつきっちり理詰めで解かなければならないので、得意な人と不得意な人に分かれそうです。好きなんですがややこしいですよね。

前巻はすっきりしなかったのですが、本書はすっきりしていて読後感も良かったです。次も楽しみです。



ちょっとだけネタばれ↓

【ここからネタばれ】
「エッシャーホテル」の証拠写真ですが、あの取り方だと手前と奥でピントが合うのでしょうか。写真に詳しくないので分かりませんが、遠くからとれば同じように写るのかな。でも、どこから撮ったか警察が検証すれば、写真が証拠としてなりたたないのは分かってしまいますよね。んー、つめが甘いと思いました。

【ネタばれここまで】
スポンサーサイト
[ 2016/09/03 18:54 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/969-56ff927b