2016年09月03日(土)

死人の声をきくがよい 6 



著者:ひよどり祥子
発売日: 2015/7/17

評価〔B+〕 怖くて時々笑えます。
キーワード:ホラー、霊感、オカルト、

「あと・・・上にいる輪っかみたいの何ですか?」(本文より抜粋)


得体の知れない怖さや生理的嫌悪感からくる怖さを駆使し、手を変え品を変え怖がらせてくれます。「迷い世界」は、他のジャンルのように見えてしっかりホラーなのが面白かったです。

「血染めの碁盤」の最後に登場する老人はインパクトがあります。驚嘆という言葉がしっくりくる変わった人です。それにしても甘酸っぱいって?

ついにというか、何と言いますか、小泉が式野会長のことをどう思っていたのか分かります。結構意外でした、もっとこう・・・・・・いや何でもないです。気になる方は39話を読んでください。

5巻の感想でも書きましたが、早川さんの身振り手振りが面白いです。著者が遊んでいるとしか思えません。次の巻でどのようなポーズを取るのか楽しみです。


スポンサーサイト

[ 2016/09/03 18:51 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/968-3d0e8756