2016年08月27日(土)

「なるほど!」とわかる マンガはじめての嘘の心理学  



著者:ゆうきゆう
発売日: 2015/12/16

評価〔C+〕 心理学の最初の一冊に。
キーワード:心理学、嘘、入門書、

嘘には4種類に分類されます。人は、状況に応じてこれらの嘘を使い分けています。(Part 1より抜粋)


嘘は事実を曲げて違うことを伝えることですが、見栄やお世辞を含め、色々なタイプのものがあります。悪い嘘に騙されないようにするために、また人間関係を円滑にするために嘘を活用するには知識が必要です。本書は、それらをマンガと文章で丁寧に説明しています。

「はじめての」とあるように、心理学の入門書で誰でも気軽に読めます。漫画は導入の部分だけですので、漫画よりも文字と図のほうがやや多めです。しかし、分かりやすく書かれているので心配ありません。身近にある嘘について説明しているので、実感できることも多いのではないでしょうか。嘘の見抜き方は単なる雑学で終わらず、実用的だと思います。

幅広く事例を取り上げていますが、入門書の中でもやさしいほうなので、他の心理学の本を読んだことのある人にはやや物足りない内容だと感じました。私も既知のものが結構ありました。分かりやすいのはいいのですが、この点は少々残念でした。

いくつか簡単な心理テストがついているのも楽しいです。心理学の本を読んだことがなく、試しに何か読んでみようかなと考えている人に良さそうな一冊です。


スポンサーサイト

[ 2016/08/27 18:33 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/958-4a17106f