FC2ブログ







2016年08月21日(日)

万能鑑定士Qの事件簿 X 



著者:松岡 圭祐
発売日: 2011/6/23

評価〔A-〕 ひさびさに読んだけどやっぱり面白い。
キーワード:鑑定士、知識、雑学、

「論理ってものを身につけるにはね、当たり前のことから始めるんだよ」(本文より抜粋)


数々の難事件を解決してきた凛田莉子でしたが、開業当時は失敗ばかり。見かねた瀬戸内は、彼女に騙されないための思考法を教えます。彼女の並外れた推理力の要因の一つ、ロジカルシンキングの秘密が明かされます。Qシリーズ9冊目。

知識だけでは説明のつかない莉子の洞察力がどのように養われていったのか、興味があった読者も多いはず。その期待に応えるかのように、本書では彼女の成長する姿が描かれています。鍵は二段階思考と図式化です。後者は、意外にも時々似たことを自分でも行っていました。複雑な物事を文章でまとめようとすると、なんだかダラダラと書いてしまいがちで、単語と矢印だけでまとめることがあります。あの方法は要点をつかむには有効だったようです。また、時間の制限や音読が効率を上げるとあり面白いと感じました。今度試してみようか。

事件のほうは、印鑑をめぐるお話です。日本はハンコ社会だから、実印の効力は絶大です。判子は権利委任が容易などの利点がありますが、私の知らない欠点も色々とありそうですね。実印の謎も、終盤の探索も盛り上がって良かったです。後者の伏線の張り方が巧妙でした。そこで繋がるとは。

10巻なのでさすがに本書から読む方はいないと思いますが、1、2巻を読んでいることが前提の本です。激しくネタバレをしているので、最初の2冊を未読の方はそちらからどうぞ。


スポンサーサイト

[ 2016/08/21 11:46 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/955-bf6d1f75