2016年08月05日(金)

言ってはいけない 残酷すぎる真実 



著者:橘 玲
発売日: 2016/4/15

評価〔A-〕 残念ながら平等ではありません。
キーワード:社会学、遺伝学、先天的、進化、

結論だけを先にいうならば、論理的推論能力の遺伝率は68%、一般知能の遺伝率は77%だ。これは、知能のちがいの7~8割は遺伝で説明できることを示している。(1章より抜粋)


あまり認めたくないような格差や真実を、進化論や遺伝学の研究結果から明らかにしていきます。様々な社会問題を挙げているのかと思ったのですが、各個人の人生に影響を与える身近な話題ばかりで、主に生得的能力・才能、容姿、教育について論じています。

生まれ持ったものの影響が想像以上に大きい、というのが大まかな主旨です。誰しも少しは考えたことがありそうな、しかし口に出すと差別だと思われそうな内容が書かれています。確かに残酷ではありますが、覚悟していたよりも意外ではありませんでした。差別だと非難されることを恐れずに真実を伝えようとする姿勢は、見習うべきものがあります。

一番意外だったのは、子育て・教育の子供の成長に対する影響力です。子育てを経験した親ならば、感覚的に知っているものなのでしょうか。遺伝、子育てに次ぐ第3の要素は新鮮でした。著者の主張に全面的に賛成というわけではありませんけど、確かに一理あると思います。

他にも、ユダヤ人の知能の秘密や、安静時心拍数と犯罪の関係、外見から攻撃性を推測する方法、容姿の美醜の金銭的価値などについて触れていて、極端な意見のようにも感じる時がありましたけど面白かったです。

根拠となる文献が明記されているのは良いのですが、書いてあるだけで文献自体に対する意見は書かれていません。内容の精査はしているのでしょうか。そうした疑問があったためか、根拠があるにも関わらず、文章に重みが感じられないときがありました。また、ほとんどが事実を断言して終わってしまうので、格差の対策案や希望の持てる提案が見られなかったのが残念です。

賛否両論になるのも分かります。読んでいて不愉快になるかもしれませんが、知っていたほうがいいのかもしれませんね。差別的にならないよう注意が必要ですが。内容を鵜呑みにせず、何か失敗した時に都合の良い言い訳に使わないようにしたいです。


スポンサーサイト

[ 2016/08/05 21:58 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/951-95f0735b