2016年07月18日(月)

死人の声をきくがよい 4 



著者:ひよどり祥子
発売日: 2014/7/18

評価〔B+〕 終盤の霊道の話がなかなか怖いです。
キーワード:ホラー、霊感、オカルト、

「あれが“おかえりさんの穴”。崩れやすいから近づいたらダメだって言われてる」(本文より抜粋)


一話完結が基本ですが、終盤に3話で完結する連作があります。登場人物が多くなり、また複雑なものを書こうとすると、自然と長くなってしまうのでしょうか。でも、ただの引き伸ばしではないので、怖さも増していると思います。

恐怖の原因が消えた亡くなった結末以外のものも増えました。余韻を残したり、バッドエンドのようなものもあったりと、変化があって飽きません。ときどき緊張感をほぐすような場面があるので、疲れなくていいですよね。

巻末に収録されている読みきりの「ユミちゃん奇譚」も、短編ではありますが、著者の描くホラーの雰囲気が存分に出ています。実写化したら面白そうです。


スポンサーサイト

[ 2016/07/18 21:25 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/946-8f6b60f0