2016年04月12日(火)

ライコネンの熱帯魚 完全版(下) 



著者:山西正則
発売日: 2014/1/11

評価〔C〕 やはりどこかフワフワした雰囲気。
キーワード:熱帯魚、魔女、高校、

だよな・・・魔女って一体なんだよ・・・(本文より抜粋)


魔女・ライコネンと彼女に興味を持った男子生徒・瀬古原の物語の続きです。

上巻では、どのジャンルの漫画かいまいちはっきりしなかったのですが、オカルトものではなく徐々に恋愛・青春ものへと展開していきます。とはいえ、相変わらずの緩い雰囲気なので停滞したまま終わるのかと思っていたら、きちんと終わりへと収束していきます。結末ですが、読み終わった時は物足りない気分でしたが、時間が経つにつれこの漫画らしかったなと思うようになりました。

登場人物の個性や会話は面白いところもありましたが、物語としてはやや中途半端だった気がします。予想していたより平穏だったので、もう少し何か大きな出来事があってドタバタして欲しかったかな。



スポンサーサイト

[ 2016/04/12 21:42 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/922-ad9b80f1