2016年04月02日(土)

ライコネンの熱帯魚 完全版(上) 



著者:山西正則
発売日: 2014/1/11

評価〔C〕 曖昧なゆるい雰囲気が特徴的。
キーワード:熱帯魚、魔女、高校、

「ん~・・・あまり感情を出すような人ではないな。けどオモシロい人だよ」(本文より抜粋)


学校で寝起きし、熱帯魚を飼育する魔女・ライコネンと、彼女に興味を持っている後輩・瀬古原のちょっと変わった学園生活の物語です。著者の他作品「放課後!ダンジョン高校」が気になっていたのですが、まず違う作品を試しに読んでみようということで本シリーズを手に取りました。

学校に魔女がいるのですが、魔法よりも人間関係、恋愛のほうが主題なのかもしれません。曖昧な感じで進むので、どれを軸としているのか分かりづらいです。ゆったりした雰囲気が好みの方に気に入られそう。

読んでみて改めて人体、いろいろな姿勢やしぐさを描くのが上手いと感じました。あおりや俯瞰の使い方が上手いのかな。熱帯魚が話の中心にあるので、熱帯魚が好きな人におすすめ。著者の趣味だそうですよ。

個性的に気に入っているが、ライコネンの知人、ロウヒです。主人公たちも彼女くらい個性豊かだったら、もっと面白くなりそうなんだけどなあ。巻末に読みきりの『のろいの眼鏡』が収録されていますが、こちらのほうが面白かったです。



スポンサーサイト

[ 2016/04/02 18:49 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/921-c2f3d181