2016年03月30日(水)

監禁探偵2 ~狙われた病室~ 



著者:我孫子 武丸 (著), 西崎 泰正 (イラスト)
発売日: 2012/12/22

評価〔B-〕 1巻より楽しめました。
キーワード:監禁、推理、殺人事件、病院、

「・・・だってここ―――幽霊病院だよ」(本文より抜粋)


事故で入院することになったアカネは、病院で不気味な噂を聞きます。単なる噂なのか、それとも何か理由があるのか。病院に慣れてきた頃、ある出来事が起きます。アカネは病院の謎、そして自身の事故の真相を解き明かすことができるのか?

監禁ではなく入院して、再度安楽椅子探偵となります。あとがきにもありましたが、また監禁では芸がないですしね。本書で完結するので長く濃密、という訳にはいきませんが、なるほどと思う真相で楽しめました。映画を観た後に読んだ1巻とは違って知らない話なので、新鮮な気持ちで読めました。

きちんとまとまっているけれど、どこか物足りない感じがしました。人物に個性を、謎めいた雰囲気を、意外な結末を期待していると、一冊の分量では足りないのかもしれませんね。本書は上下巻にしてじっくり読んだら、感想も変わったかも。また、髪型が変わってしまったせいか、外見はアカネっぽくありませんでした。色っぽさも控えめでしたし、なんか残念。

1巻よりは良かったけれど、やはり最初に見た映画版が良かったかな。個人的には、映画版、2巻、1巻の順で面白かったです。


スポンサーサイト

[ 2016/03/30 21:20 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/920-e69b5378