2016年03月24日(木)

浄土真宗の信心がこんなにわかりやすいわけがない 



著者:石田 智秀
発売日: 2015/11/24

評価〔B-〕 信じる心、ではありません。
キーワード:宗教、仏教、浄土真宗、信心、

「これだけわかりにくい信心をわかる日が、いつか来るのだろうか・・・・・・?」(本文より抜粋)


お寺に生まれなのに信心がよく分からなかった著者の体験談です。信心って信じる心、つまりは信仰心のことだと解釈していたのですが、少なくとも浄土真宗では違うそうです。では信じる心でなるとすると何なのか。その1点に絞った本です。

子どもの頃から疑問に思い、仏教系大学にも通って着実に歩みを進めても、肝心なところで確信が得られないのはなかなか辛いと思います。しかし、妥協せず分かったふりをせず、真摯に求めたからこそ答えに辿りついたのでしょう。疑問、悩み、救済と、なんとも宗教らしいお話です。謙虚に書いていますが、布教使という伝える立場になれたのですから、かなり真面目に修行したのではないでしょうか。

本書の題名を見て、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』を連想した方は、多分それで間違っていないと思います。著者はオタクだそうで、各段落の見出しがアニメやラノベ、ゲームのパロディになっています。あとがきで「攻めている」と表していますが、若い読者にも気軽に読んでほしいという配慮だと思います。おそらく。・・・・・・単に趣味かも。

短いのでお手軽に読めます。え、違うの?と思った方は試しに読んでみてはいかがでしょうか。



スポンサーサイト

[ 2016/03/24 22:22 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/918-3fe7b11d