2016年08月10日(水)

空ろの箱と零のマリア 7 (完) 



著者:御影 瑛路
発売日: 2015/6/10

評価〔A-〕 無事完結して嬉しいです。
キーワード:サスペンス、学園、殺人ゲーム

僕は、マリアを唯一救い出せる存在である、『騎士』なのだ。(プロローグより抜粋)


ついに最後の対決です。一輝はマリアを救うために、箱が生んだ「出来損ないの世界」と戦います。

前半は、1巻を彷彿させる、先の見えない緊張感あふれる展開でのめり込みました。どうなってしまうのか?という不安と、どのように予想を外してくれるのかという期待が混じった気持ちになり、このシリーズを読んでいるだなという実感がありました。面白いです。途中、記憶や思考が途切れる場面がありますが、いかにも現実味があって怖いですね。また、“O”の正体と起源の詳細もついに明かされますが、これは1巻を書いたときから決まっていたのでしょうか。ここまで決まっていたのなら、よくできた世界だと思います。

後半の決着が、今までのような意外性がなかったのが残念です。目的や敵味方がころころ入れ替わり、読者を翻弄するのが魅力だったので、それが最終巻でほとんど見られなかったのが惜しい。欲を言えば、もう一回くらいどんでん返しが欲しかったです。

エピローグは概ね予想通りでしたが、各登場人物のその後が丁寧に描かれていて好印象でした。まあ納得の結末です。それよりも、この物語をきちんと完結してくれたのが良かったです。途中で続刊が出なくなって未完、のようなラノベはたくさんありそうですし、結末を見届けることができて本当に良かったです。という訳で、シリーズ全体としての評価はAからA-です。本書単体としては、B+からBくらいかな。次回作も期待しています。

スポンサーサイト

[ 2016/08/10 22:10 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/908-5bf00015