2016年02月26日(金)

黄昏乙女×アムネジア 9 



著者:めいびい
発売日: 2013/6/22

評価〔B〕 ついに謎が・・・・・・。
キーワード:オカルト、幽霊、ホラー、コミカル、学園

「わたしたち、庚の血筋がなすべきことは―――」(本文より抜粋)


過去編の続きです。夕子と紫子の二人に何が起きたのか、どのような経緯で現在に至ったかが明らかになります。

閉鎖的な環境と人命がかかった話ですので、重苦しい雰囲気で物語は進みます。黒を多用した、恐ろしげな描写がグッド。村の噂、神社、そして祟り。いかにもホラーな感じがします。若い姉妹と言い伝え。ホラーゲームの零シリーズを思い出しました。

幽霊になった理由は、予想していたものとは少し違いましたが、かと言ってあっと驚くものでもありませんでした。登場人物たちの現在を見れば、ある程度予想はつきますしね。

謎が解明した今、残されたのは夕子と貞一の結末です。あれで終わってしまうのか、それとも・・・・・・。次の10巻で終わりですので、綺麗に終わることを望んでいます。

後ろに特別編が収録されています。主役二人のほのぼのとしたやり取りが好みの方は、いつもの二人も見れますのでご安心を。


スポンサーサイト

[ 2016/02/26 22:15 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/904-ed8540a8