2016年02月18日(木)

黄昏乙女×アムネジア 8 



著者:めいびい
発売日: 2012/11/22

評価〔B-〕 ようやく本筋がクライマックスです。
キーワード:オカルト、幽霊、ホラー、コミカル、学園

「行こう。旧校舎に。」(本文より抜粋)


七不思議も残すは1つ。貞一の、そして夕子の決断はいかに。

8巻にして、ようやく本筋である夕子の過去が語られます。いやー、ここに来るまで長かった。夕子と貞一のほのぼのとした話も良いですが、それよりも記憶の謎のほうが気になっていましたので、ようやく本題に入ってくれて良かったです。まだ全てが明かされた訳ではありませんが、だんだん見えてきました。次の巻で全貌が明らかになりそう。

過去の夕子が、今の夕子と違って凛とした雰囲気で少々驚きました。妹を思う姉としての彼女は新鮮です。妹さんは夕子にあまりにていないかも・・・・・・霧江のほうが似ているかもね。

前回(7巻)を読んだのはいつだったか調べてみたら、なんと約2年前でした。ここからは止まらず最終巻まで読みます。


スポンサーサイト

[ 2016/02/18 21:20 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/903-559c16ba