2016年01月14日(木)

秘書綺譚―ブラックウッド幻想怪奇傑作集 (光文社古典新訳文庫) 



著者:アルジャーノン ブラックウッド (著), Algernon Henry Blackwood (原著), 南條 竹則 (翻訳)
発売日: 2012/1/12

評価〔D〕 こうしたジャンルは好きなんですが。
キーワード:ホラー、ファンタジー、怪奇、オカルト、短編集

そう言ったのは隣の部屋の男で、ノックの音は、じつはショートハウスの部屋ではなく、空部屋だと思っていた隣室のドアを叩く音だったのだ。(「壁に耳あり」より抜粋)


幻想怪奇傑作集の文字にひかれて読んでみた一冊です。怪奇からイメージするのは不気味や恐怖だったのですが、辞書で調べてみると意味は『説明のできないふしぎなこと』でした。オカルト、超常現象のほうがよく耳にする言葉かもしれませんね。

怪奇の名のとおり、幽霊の話や不思議な能力を持つ人の物語など不可思議な出来事を扱ったものばかりです。そして全体の雰囲気はホラー小説に近いと思います。すぐに話を進めず、ジリジリと読者の恐怖心を煽っているかのような文章です。それに加えて、異様な現象にスポットを当てた話なんかもあり、種類も豊富でした。

しかし、原文か訳文かどちらか分かりませんが、どうも焦らすような描写が合いませんでした。映画で言うならすぐに驚かさず焦らしている場面も、恐怖や好奇心よりもじれったい気持ちが大きくなって、度々読む意欲が失われました。また、結末も意外なものというよりは、余韻を残すような雰囲気重視のものが多く、物足りなく感じたのも確かです。

でも、こうした文体が合うかどうかは好みの問題なので、気に入る人もいると思います。テンポが良ければ感想も違ったものになっていたかも。



スポンサーサイト

[ 2016/01/14 21:07 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/892-857d814f