2016年01月03日(日)

0歳児がことばを獲得するとき―行動学からのアプローチ 



著者:正高 信男
発売日: 1993/06

評価〔A-〕 行動学って観察が大変そうです。
キーワード:新生児、ことば、声がわり、クーイング、母親語、

赤ちゃんは高さのより高い音によって、より強く注意を喚起されるのだと考えられる。これはヒトの乳児に、生まれながらに備わっている感覚器官としての聴覚の性質であるらしい。(第五章より抜粋)


生まれたばかりの新生児がどのようにして言葉を習得していくのかを、行動学の視点から研究・考察した本です。外国語を習得する過程などは研究成果がある程度でているようですが、言葉を知らない赤ちゃんがいかにして言葉を理解していくのか、その初期段階に注目した珍しい新書だと感じました。

周囲の大人やテレビの音などを真似しているうちに喋れるようになる、とボンヤリ思っていたのですが、実は様々な段階を経て成長しているのが分かります。授乳のタイミングやおうむ返しなども目を引きますが、特に印象に残ったのは文脈のメロディーについてです。話している内容よりも、相手が何を伝えたいのか感情表現を重要視して意思疎通をしているのが興味深いです。外国人と話していてまったく理解できなくても、困っているか感謝しているかくらいは分かるのと似ていると思いました。内容よりも伝える意欲や意思が大切です。

また、新生児ののどの形態を声がわりと結び付け、行動学だけでなく生物学・解剖学の見地からも考察をしていて面白いです。声を出しながら物を食べることができる動物がいることは知っていましたが、新生児もそれに似たのどを持つとは驚きです。それと、言語獲得の過程が日本人・日本語だけの特性かどうか確認するために、外国の研究者と共同実験をしているのも良いですね。

あくまで0歳児の話なので、言葉をきちんと理解し発音するところまではたどり着きませんけど、初期段階の学習の仕方が分かってきただけでも凄いと思います。相手に質問できず回答も得られないのに、ここまで分かったのですから。結構かたい内容ですが、親になる大人には役立つかもしれません。



スポンサーサイト

[ 2016/01/03 21:00 ] 言語 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/887-af3a069f