2015年12月21日(月)

カーニヴァル化する社会 



著者:鈴木 謙介 (著)
発売日: 2005/5/19

評価〔D〕 まだまだ一つにまとまっていない感じでした。
キーワード:社会、夢、祭り、現代、

私たちの生きる社会は、上述してきたような「祭り」を駆動原理にし始めているのではないか、と私は考えている。(はじめにより抜粋)


現代の社会構造や社会問題を、祭り、すなわちカーニヴァルを軸として読み解こうとする社会論です。カーニヴァルとは地域の特定の祭りではなく、一種の躁状態のことを指すらしく、それが現代社会人に深く影響を及ぼしていると指摘しています。

あちこちに話が飛ぶので、議題の中心が何なのか分かりづらかったです。若者の労働、監視カメラによる監視社会、携帯電話によるコミュニケーションを例を挙げていますが、全体として見ると上手く繋がっていなく、強引に結びつけた感じです。

残念なのは、専門家では常識であろう人物や用語を、あまり説明せずさらりと使っている点です。言葉を正しく使おうとすると、専門用語が多くなるのは分かりますが、新書なので分かりやすさを重視して欲しかったです。特に重要な「再帰」は、始めは分かったつもりでしたが、考察が進むにつれ理解しづらく変化していきました。これは僕の読解力不足かもしれませんね。結論や重要な部分は言葉を変えて説明するなど、努力しているのは感じました。

全体として見るとよく分からなかったというのが正直な感想ですが、個々の内容はなるほどと思う箇所もあります。若者の労働に対する心理状態や、監視カメラは監視する者が監視されている再帰的な状態になっていることは興味深いです。

おそらく著者独自の新しい概念・考え方だと思うので、まだ発表するにはやや早い段階だったのではないでしょうか。さらに研究を重ねて一つの結論に達したら、その時改めて新書で世に広めてもらいたいです。



スポンサーサイト

[ 2015/12/21 22:02 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/882-3459759b