2015年11月18日(水)

「本が売れない」というけれど 




著者:永江 朗
発売日: 2014/11/4

評価〔A-〕 書店が苦戦する訳が分かります。
キーワード:書店、本屋、大型店、ネット通販、古本、電子書籍、

「読書ばなれ」と「出版不況」のあいだにはねじれがある。それは「書籍」と「雑誌」についてのイメージのズレではないかとぼくは考えている。(第2章より抜粋)


先月、漫画の品ぞろえが充実した近所の本屋に久しぶりに行ってみたら、閉店しましたとはり紙がはってありました。こうして書店が減っていくのは残念であり、寂しいことです。書店の減少はこのあたりの話だけではなく、どうやら全国的に減少しているようです。原因は本が売れないから。では、なぜ本が売れないのか? ネット通販が普及したから、読書離れが進んでいるから、などの理由が挙げられていますが、はたして本当にそうなのでしょうか。書店員の経験もある著者が、出版業界の現状と問題点を解説し、今後の読書のかたちを探ります。

活字離れの実態を調べるため、図書館や古本屋、消費者の収入と様々な角度から調べているのが興味深いです。それに加えて、どのような種類の本の売れ行きが経営に影響するのか、出版社の収入の面から考察しているのが面白いです。業界の見通しが甘く、ブックオフやアマゾンの盛況が予想外だったことも影響しています。また、出版社がほとんど潰れない理由も言及しています。出版社、書店、その二つを取り持つ取次、3者の関係が現状に合わなくなってきているのかもしれません。

書店の生き残る道もいくつか提示しています。本の値段を倍にすることは、消費者に取っては素直に賛同できませんが、本の数を減らし手間も減らすことで全体の質を上げるのは理解できます。テレビで取材していた喫茶店が併設された書店も、一つの手段だと思います。注目したのは、ベストセラーや話題の本はどこにでも売っているので置かない、という意見です。上記の漫画の品ぞろえが良い店のように、何か魅力があれば常連客もできそうですしね。個人的には売れ筋ばかり売る店は面白くありません。

このままでは町の電気屋・CD屋のようにほとんど姿を消してしまいかねません。何かを変えるのは大変なことでしょうが、本の未来が明るくなるような変化が起こることを期待しています。本の現状が分かる新書でした。

スポンサーサイト

[ 2015/11/18 20:57 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/868-e184e9c1