2015年11月14日(土)

ナナマルサンバツ 8 



著者:杉基 イクラ
発売日: 2014/7/3

評価〔B-〕 どんどん玄人っぽくなってきました。
キーワード:クイズ研究会、学園、部活、早押し

文蔵高校クイズ研究会の2泊3日強化合宿がスタートした。(本文より抜粋)


深見家での対決に決着がつきます。そして、文蔵高校の面々はクイズ大会へ向けて、笹島が決めた某所で合宿を始まります。

回想シーンで、一年前に何が起きたのかが語られます。あの人たちの過去はもっと壮絶なものかと思っていたのですが、それほど意外なものではありませんでした。結構あっさり描かれていたので、まだ続きがあるのかもしれません。また、日本のクイズの歴史も紹介されていて、興味深かったです。最近、なにかの折に昔のウルトラクイズの映像を見たのですが、今の高校生クイズよりもずっとずっと楽しそうでした。

来たるべき大きな大会へ向けての準備段階なので、熱くなる場面は少なめです。しかし、何やら只者ではなさそうな人物が登場したので、次の巻は盛り上がりそうです。

恒例の巻末クイズですが、50問中27問正解でした。あの地域の人々の正解率は平均より高くなるのでしょうか。ちょっと気になります。


スポンサーサイト

[ 2015/11/14 21:07 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/865-00a2ec59