2015年10月29日(木)

ブギーポップ・アンノウン 壊れかけのムーンライト 



著者:上遠野 浩平 (著), 緒方 剛志 (イラスト)
発売日: 2011/1/6

評価〔C〕 珍しく主役の出番が多め。
キーワード:シリアス、SF、超能力

「と、とにかくあいつが今気にしてんのは、その問題のレモン・クラッシュってもんなんだよ」(本文より抜粋)


男子生徒3人と女子生徒3人が、レモン・クラッシュと呼ばれる噂に興味を持ち、奇妙な事件に関係していく本シリーズらしい物語です。最近は、外伝でも本編でも強い力を持つ者ばかりが登場していた印象があるため、こうした高校生たちが中心の話は久しぶりのような気がします。

統和機構に所属する者、特殊な能力を持つ者、何も知らずに巻き込まれる者、そして我らが不気味な泡と、いつもながらの展開ではありますが、それだけに先が気になります。日常と世界規模での話がすんなり繋がっているのは、相変わらず上手いです。しかし、結末は理解したようなしていないような、分かったような分からないような複雑な、あるいは曖昧なものでした。派手で爽快な終わり方を期待していたので、当てが外れてしまいました。これも、ブギーらしいと言えばブギーらしいのですが、もう少し分かりやすい盛り上がりが欲しかったです。

珍しくブギーポップの出番と台詞が多かったと思います。なぜ出番が多いのかは読めばすぐ分かると思うので、ここでは明かしません。シリーズの本筋はまったく進みませんでしたが、こうした原点に戻ったような作品で、そういった意味では良かったのではないでしょうか。


スポンサーサイト

[ 2015/10/29 21:36 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/863-3c8b72a8