2015年10月19日(月)

孫子・三十六計 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 



著者:湯浅 邦弘
発売日: 2008/12/25

評価〔A-〕 現代でも応用できる普遍性が凄い。
キーワード:中国、古典、戦争、孫子、

彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し。(三 謀攻篇より抜粋)


中国の古典でおそらく論語と同じくらい有名なのが、この孫子の兵法書だと思います。後の為政者・軍人たちに大きな影響を与えたと言われれる本書。武田信玄の「風林火山」が有名です。その有名な古典を読み下し文・原文・訳文の順に書き、分かりやすく解説した孫子の入門書です。また、孫子の要点をまとめ、理解しやすくした兵法書、「三十六計」も説明しています。

全編ではありませんが、代表的なところは網羅されています。勝つための戦術的なことよりも、いかにして損害を少なくするか、負けないかを力説しています。戦乱の時に書かれ、もっと勝つことに拘っているのかと思っていたので、意外で印象に残りました。また、現代では当たりまえとなっている情報の重要性を、あの大昔に説いているのが凄いですね。用間篇でも、「成功を収めるのは予知しているから。予知とは、不可思議な力ではなく知性によって得られる情報である」とあります。格好良い。

また、「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」は知っていましたが、続きがあることは知りませんでした。上記の引用文がその続きです。なるほどね。覚えておきたいものです。「三十六計、逃げるに如かず」という言葉は、劣性の時に使う計謀。正しくは「走為上(そういじょう)」で、「走るを上と為す」と言うそうです。知りませんでした。

いつの時代でも応用できそうな考え方・価値観が随所に見られます。だからこそ、長い時を越えて、外国でも読まれているのでしょう。はじめにで、哲学の書と評されていた理由が分かります。しかし、完全に理解したとは言えないので、なにかの折にまた読み返してみたいと思います。




スポンサーサイト

[ 2015/10/19 22:23 ] 実用 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/860-628413b4