2015年10月08日(木)

未来日記 8 (再読) 



著者:えすの サカエ
発売日: 2009/5/26

評価〔B〕 ようやく真相がちらほら見え始めました。
キーワード:未来予知、携帯電話、殺人ゲーム

「一つだけ助かる方法があるぞ」(本文より抜粋)


個性豊かな人たちがサバイバルゲームをしているだけではなく、少しずつ変化していきます。日記を使った対決も良いですが、やはり目を引くのは由乃の異常な性格だと思うので、彼女が絡んでくるのは歓迎です。面白くなりますしね。

8巻にしてようやく日記所有者がそろいます。一対一で戦っていたらまだまだかかっていたので、当初の予想よりは早かったかな。ただ、能力が完全に明かされていない人もいるので、まだまだゲームは続きますし、次に誰が脱落するかは分からないです。

中盤の雪輝の決意によって、物語は結末へと動き始めます。しかし、それよりも重要なのが終盤のある事実の発覚です。前に読んでいたから知ってはいましたが、ようやくですか。早かったような遅かったような。これによって、また新たな謎が生まれるのですが・・・・・・それは次巻以降に持越しです。


スポンサーサイト

[ 2015/10/08 21:08 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/852-50631ca5