2015年09月20日(日)

アラクニド 13 



著者:村田 真哉、いふじ シンセン
発売日: 2015/9/19

評価〔B〕 緊張感がなくなってきたかな。
キーワード:殺し屋、昆虫、現代、バトル

「そうしなければ、私の今日は終わらない」(本文より抜粋)


長かった蜘蛛狩りも終盤です。「軍隊蟻」の大正時代か発言が、性格が出ていてちょっと笑ってしまいました。

戦闘につぐ戦闘でしたが、ここで重要人物の口から秘密が明かされます。全てではないにしろ、物語の核となるべき事が分かったので驚きました。この漫画も終わりに近づいているのでしょうか。次の巻が最終巻でもおかしくない雰囲気です。

それにしても、アリスは、というより糸は便利で強いですね。便利に使いすぎると物語に緊張感がなくなってきますので、やりすぎないようにしてほしいと思います。そうなりかけている気がしたので。


スポンサーサイト

[ 2015/09/20 21:18 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/844-0dd76a2f