2015年09月12日(土)

Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~ 11 (完) 



著者:せがわ まさき (著),
   山田 風太郎 (原著)
発売日: 2008/8/6

評価〔B+〕 あっさり、しかしまとまった終わり方でした。
キーワード:復讐、時代劇、江戸時代、

「その日その時が、いま来たと思え」(本文より抜粋)


堀の女たちの復讐劇、最終巻です。

おゆらの思い、銅伯や明成の結末など見るべき山場は多いのですが、一番盛り上がったのは、私以外の読者も期待していたであろうあの対決でした。いやー、ここまで長かったです。いつ戦うのだろう?と待ち望んでいただけに、最後の最後で実現して良かったです。結果も納得いくものだったと思います。

おまけのような感じで登場した某によって、あの人の意外な一面も見ることができて面白かったです。ただ、終わり方はだいぶあっさりしたものでした。無駄に多くを語るより良かったのかもしれません。

全体的には、迫力があり色気もあり、話のテンポにバラつきがありましたが楽しめました。なによりきちんとしっかり完結したのが良かったです。十兵衛の格好良さが印象に残りました。ただ、予想よりも堀の女たちの出番が少なかったのが残念でした。後半は、おゆらや銅伯に見せ場を取られてしまった感がありましたしね。シリーズとしての評価はBかB+のどちらかです。うーん、好みの問題かもしれませんが、バジリスクには劣ると思います。


スポンサーサイト

[ 2015/09/12 21:12 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/842-f8abbe9e