2015年08月28日(金)

Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~ 8 



著者:せがわ まさき (著),
   山田 風太郎 (原著)
発売日: 2007/9/6

評価〔C+〕 十兵衛や七本槍が見たいです。
キーワード:復讐、時代劇、江戸時代、

「おまえたちこそこちらの大事な旗印じゃ。ゆめにも命を粗末にしてはならぬぞ!」(本文より抜粋)


会津領内での駆け引きはどちらに軍配があがるのか。

予想に反して、この巻も十兵衛ではなく周囲の人々が活躍します。こういうのも悪くはありませんが、個人的にはいまいち盛り上がりにかけるかな。堀の女たちが同じことをすれば、今までの話の流れから説得力があると思いますけど。脇役の活躍で目をひいたのはなんといっても、沢庵のお供となったあの人物です。覚悟を決めてのあの振る舞いは圧倒されます。凄い。まるで別人のようだ。

どちらも単純な力での戦いではなく、うまく事をなそうと暗躍しているのが分かります。次の巻ではどちらが優位になるのか。次は派手に戦ってほしいなあ。


スポンサーサイト

[ 2015/08/28 20:59 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/834-fb1b3912