2015年08月28日(金)

Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~ 7 



著者:せがわ まさき (著),
   山田 風太郎 (原著)
発売日: 2007/6/6

評価〔B-〕 十兵衛強過ぎないか。
キーワード:復讐、時代劇、江戸時代、

「無礼であるぞ、小せがれ。」(本文より抜粋)


相手が領内へ戻り、敵地の中でどのように復讐を果たすのか。

十兵衛の強さも明成の悪者ぶりも健在ですが、この巻の主役は復讐側は沢庵和尚、会津藩側は芦名銅伯だったと思います。次点でおゆら。特に、銅伯は今後物語の鍵となりそうな秘密が明かされます。堀の女と会津七本槍だけの問題では収まりきらず、さらに大きな出来事へと発展しそうな予感がします。

和尚たちが活躍するのが悪いわけではないのですが、主役たちが緊迫した雰囲気の中で戦う場面をもっと見てみたいものです。



スポンサーサイト

[ 2015/08/28 20:47 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/833-c3b477fb