2015年08月23日(日)

日本の居酒屋文化 赤提灯の魅力を探る 



著者:マイク・モラスキー
発売日: 2014/3/18

評価〔C+〕 呑み歩きが好きな人には良書。
キーワード:居酒屋、赤提灯、立ち呑み屋、大衆酒場、第三の場、

見逃せないのは、この軽いやり取りを通して、久々に入ってきた客は店主やほかの客たちに大切にされていることを再認識する、という大事な作用が潜んでいる点である。(第一章より抜粋)


外でお酒を呑む習慣がないので居酒屋もほとんど行かないのですが、あの独特の雰囲気にひかれる人は多いと思います。外国の方々にも結構評判が良いと聞いたことがあります。居酒屋の魅力とは何なのか? 居酒屋通いを続ける著者が居酒屋の素晴らしさを紹介しています。

居酒屋をストレス解消だけではなく、友人知人に会うことで自己確認が叶えられる「第三の場」であると述べています。確かに常連客はサークルや同好会のような楽しさや居心地の良さを感じているのだと思います。来ることを強要されず、社会や家庭から離れて楽しい時間を過ごせるのが利点です。ただ単に食事をするだけなら居酒屋でなくとも言い訳ですから。

店の注目すべき点や穴場の探し方は実用的で興味深いです。このあたりは著者の経験が活きています。また、前半の居酒屋の分類と全国各地の実在する店の紹介は、呑み歩きが趣味の人にとっては非常に有益です。しかし、味や価格ではなく雰囲気や趣を考慮して紹介していますが、あまり居酒屋ガイド本と変わらない印象を受けました。実際に呑み歩きの趣味がないからでしょうか。

題名に居酒屋文化とあるので、もう少し魅力の原因や秘密について考察してほしかったです。魅力を探るよりも、居酒屋が好き過ぎて魅力を伝えることに力が入ってしまった感がありました。



スポンサーサイト

[ 2015/08/23 09:59 ] 社会・歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/831-cb86ce73