2015年07月25日(土)

ヴァルプルギスの後悔〈Fire4.〉 



著者:上遠野 浩平
発売日: 2011/12/10

評価〔B〕 魔女の影響は・・・・・・。
キーワード:ブギーポップ外伝、シリアス、超能力、現代、

「どう思うも何もあるまいよ――統和機構がひっくり返りつつある、それだけが確かなことだ」(本文より抜粋)


続けてヴァルプルギスの後悔、最終巻です。口絵を見て、〈Fire2.〉の感想でも書いたと思いますが、登場人物たちがどんどん幼くなっていると感じました。挿絵がなかなか安定しないですね・・・・・・。

魔女がその力を発揮し、統和機構も大きく変わろうとしています。そのあたりは本編でより詳しく語られることでしょう。それにしても、凪のがすごかったです。なんかまだ秘密が隠されていたと言われても驚かないくらい、人間離れした活躍でした。そして、話が壮大です。魔女はたちは統和機構ですら相手にならず、人知を超えた存在なので、当然といえば当然なのですが壮大過ぎてうまく想像できません。

また、凪の少女時代、性格を決めるエピソードが読めたのは良かったです。懐かしいあの人も登場します。あの人、あんな性格だったっけ? その本は何回も読んだのですが、結構忘れてしまうものですね。

結末は予想していたよりは変化があって良かったと思います。でも、もう少し分かりやすい説明が欲しかったです。凄そうなんだけど、いまいちピンとこない、というのが正直なところです。著者が意図してあのような表現にした可能性が高そう。


スポンサーサイト

[ 2015/07/25 21:30 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/824-f0b1b346