2015年07月13日(月)

扉は閉ざされたまま (祥伝社文庫) 



著者:石持 浅海
発売日: 2008/2/8

評価〔A-〕 発覚する前の応酬が盛り上がります。
キーワード:ミステリ、倒叙、

新山はまだ眠っていると思われている。誰も怪しんではいない。第一ピリオドは、波乱なく過ぎた。伏見の思惑どおりに事態は進行している。(本文より抜粋)


倒叙ものと呼ばれる分野をご存知でしょうか。ミステリ・推理ものなのですが、通常のものは違って犯人が分かっていて、犯人の視点で物語が進んでいくことが多い形式のことです。本書もその倒叙ものです。同窓会で七人の男女がペンションに集まり、そこで殺人が起きます。2006年度「このミステリーがすごい!」第二位。

誰が犯人か?どのように犯行を行ったか?という楽しみ方はできませんが、犯行がばれてしまわないかという緊迫感が楽しめます。そして、状況を怪しまれないようにするための心理戦が盛り上がります。探偵役の某人物は論理的で強敵です。自分が犯行を知らないと仮定して、皆を自分の有利な状況に矛盾なく説得していくのは難しいので、どう切り抜けていくのかドキドキしながら読みました。

動機が納得できない、いまいち説得力に欠けるとした書評を見ました。確かに腑に落ちないかもしれませんが、現実でも小説でも何がきっかけで感情を爆発させてしまうかは、他人には分かりづらいと思うので、あまり気にしていません。動機に現実味がないと駄目な方は、本書は向いていないかもしれません。また、トリックについても斬新ではないので、トリック重視の人もちょっと・・・・・・。本書は駆け引きが好きな人向きだと思います。

犯行が発覚してからうまく言い逃れる展開ではないので、結構新鮮でした。まさに題名どおり。探偵役として犯人を当てるのではなく、たまには犯人側から事件を見るのも面白いと思いますよ。



ネタばれ↓

【ここからネタばれ】
ちょっと言いたいこと。
上にもやんわりと書きましたが、とにかく事件が発覚しないまま頭脳戦が激しくなるのが新鮮で面白かったです。通常、犯行がばれてからが本気だと思うので。また、動機もヒントは出ていて推理できるようにはなっていましたが、当てられた人はどのくらいいたのでしょうか。伏線ははってあるだろうとは思っていましたが、まさかアレだとは。伏見が決心したというシーンを読み返してみたら、意味が分かって驚愕しました。

【ネタばれここまで】
スポンサーサイト
[ 2015/07/13 22:26 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/815-0ad108d3