2015年07月11日(土)

危ノーマル系女子 1 



著者:真田ジューイチ
発売日: 2013/1/10

評価〔B+〕 人物紹介だけでも面白いです。
キーワード:アブノーマル、学園、現代

俺は知っている。“女”ってヤツがロクなものじゃないと・・・。(本文より抜粋)


「アブノーマルな女の子」「異常な女子生徒」という単語を聞いて、どのような人物を想像するでしょうか。今、あなたが頭の中に浮かんだ人物像は、おそらくこの漫画の中で登場すると思います。

著者の真田ジューイチは、以前はカトウハルアキ名義で漫画を描いていました。なぜペンネームを変えたのでしょうか。心機一転?

高校生のシイナシンヤの周りにいる女子は、異常な女の子ばかりです。彼と彼女たちの日常が描かれているのですが、今のところ目標というか目的のようなものは見当たらず、日常系のような漫画です。しかし、出てくる人物が皆アブノーマルなので、日常系にあるゆったりとした雰囲気はまるでありません。次から次へと多種多様な女子が出てきて驚きました。ひとりひとりが他の漫画だったら主人公に成り得る個性の強さです。大盤振る舞い。一見、ハーレムもののように見えますが、シンヤは彼女たちに振り回されず逆に冷静なところを見ると、一番異常なのは彼なのか?と思わなくもないです。ちなみに一番アブノーマル度が低いのは夢路、ではなく僕は夜子だと思います。

それにしても、やはりこの著者の描く漫画はテンポが良く面白いです。ヒャッコのように中途半端にならないでほしいです。

スポンサーサイト

[ 2015/07/11 22:35 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/812-db13c2cf