2015年07月05日(日)

明日の幸せを科学する 



著者:ダニエル・ギルバート (著)
    熊谷淳子 (翻訳)
発売日: 2013/12/11

評価〔A〕 想像力とうまく付き合う方法。
キーワード:未来、想像力、心理学、幸せ、

あなたのあやまちは、よく考えずに、想像したものを事実の正確な反映であるかのように扱ったことだ。(第3部より抜粋)


こうしたら楽しい、こうなったら幸せな気分になるだろうと思って予定を立てたのに、実際に行動を起こす時になってみると、どうも想像していたほど満足感を得らなかったことは多々あると思います。自分も周囲の人も知らないことに挑戦するなら、失敗しても納得がいきますが、自分の好みや要望に合わせて動いても失敗することがあるのはなぜでしょうか。

本書の著者はハーバード大学の人気教授で、社会心理学が専門です。そうした未来を想像する時に何が起きて、どのような利点や欠点があるのか考察しています。はじめにに書いてあるように、幸せがテーマではなく自己の未来予測の仕組みがテーマです。「幸せはいつもちょっと先にある」を改題文庫化したものです。

翻訳のせいか著者が回りくどい説明の仕方が好きなせいか分かりませんが、冗長な例や説明が目立ちました。例がないよりはあったほうが理解の助けになりますが、場合によっては論点が何なのか分かりづらくなっていると感じました。テンポよく読むのが難しいのが欠点です。

しかし、そうした欠点があっても面白かったと思うくらい興味深い本です。幸せと思うのはどのような時か、他人と幸福度を比べるのか可能かから始まり、想像力の3つの欠点、そして解決策が述べられています。未来のことを想像するのに、現在の状況や心境に縛られてしまうのは意外でした。うつ病患者の明日の気分予想の例が非常に説得力があり、感心してしまいました。また、防衛機制の合理化は知識として知ってはいましたが、具体例を見てみると深く理解できていなかったことが分かります。同じような選択肢でも、合理化によって見方をゆがめられ、結果として感情や気分も変化してくるのを予想するのは難しそうです。

解決策に関しては、評価が分かれそうですね。AさんとBさんのどちらと旅行に行くか等の私的なことには使えませんが、解説を読むとそれなりに有益そうです。まずは、先のことを想像する時は、注意して細部までしっかり想像してみることを心がけていこうと思います。


スポンサーサイト

[ 2015/07/05 12:08 ] 心理・哲学 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/811-f10b1936