2015年06月16日(火)

Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~ 3 



著者:せがわ まさき (著), 山田 風太郎 (原著)
発売日: 2006/3/6

評価〔B〕 名乗るのが仇討ちらしくて格好良いです。
キーワード:復讐、時代劇、江戸時代、

「かような修行を百年続けたとしても、七本槍の相手になどなれぬ」(本文より抜粋)


戦い慣れた相手に、素人同然の女性たちが仇討ちを挑みます。

2巻の仇討ちは用意周到に行われましたが、今回は違った状況で戦闘に入ります。毎回あの形式だったら飽きてしまうかも、と思っていただけに、この変化は嬉しいです。堀の女性たちが真っ向から戦ったら相手にならない敵でも、十兵衛の助力のためか緊迫感のある戦いとなっています。あのスピード感と大胆さは良いですね。

一方、危機感を抱いた7本槍は、ただ待ち受けるだけでなく反撃にでます。力自慢だけの集団かと思いきや、意外とそうではないところを見せます。これに対し、十兵衛と彼女たちがどのように戦っていくかが次の見どころとなりそうです。



スポンサーサイト

[ 2015/06/16 18:55 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/805-dbd99fdc