2015年06月07日(日)

Fランクの暴君 2 ―天才の華麗なる暴虐― 



著者:御影 瑛路
発売日:2013/10/10

評価〔B+〕 暴君の雰囲気が出てきました
キーワード:学園、現代、知恵比べ

『【七君主】が全校集会の開催を決定しました。これから緊急集会が行われます。各自、指定する場所へ集まってください』(本文より抜粋)


エリカとの勝負の後、Fランクながらも力を手に入れた藤白カンナが、さらなる権力を求めて突き進みます。

今まではそれほど力がなかったためか、野心溢れる生徒としか見えませんでしたが、今回はからはその能力と称号で段々と暴君らしくなってきました。心の声だけ聞いていると、酷い主人公です。(笑)

最大の障害物を乗り越えてしまったため、もう盛り上がるような展開にはなりづらいのでは?と危惧していたのですが、そんなことはありませんでした。見せ場ではあの人物の作戦が明かされないので、何を考えて発言しているのか推理する面白さがありました。結末だけ見ればあっさりしたものですが・・・・・・うまく騙されました。

前回ほんの少しだけ登場した高ステータスの彼は、まだまだその力を発揮していないように見えます。今後、カンナは次々と権力を奪っていくのか、また違う展開になるのか。知恵比べは好きなので、また楽しませてほしいです。



スポンサーサイト

[ 2015/06/07 21:52 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/800-b36bc554