2015年06月02日(火)

ナナマルサンバツ 6 



著者:杉基 イクラ
発売日: 2013/9/4

評価〔B+〕 クイズのルールが練られていて面白い。
キーワード:クイズ研究会、学園、部活、早押し

条件は同じ、真っ向勝負だ。(本文より抜粋)


表紙は各学校の部長たちです。このメンバーとクイズをしたら、一問も押させてもらえなさそう。例会は3ラウンドの終盤へ。最後の一枠は誰が取ることになるのか。

色々なクイズの面白さを見せてくれましたが、この6巻でも違う面白さを見せてくれます。正解を導き出す方法が一つでないことや、出題者の意図を読むことの重要さが描かれています。特に、3ラウンド最後の問題のオチは見事だと思いました。うまい。

毎回好例の巻末クイズは、笹島が作った『つい人に出したくなる』クイズです。なるほど、答えを聞くとなんか納得してしまうそんな問題ばかりです。知っていると楽しい雑学とでも言いますか。50問中20問正解でした。やっぱり難しいです。


スポンサーサイト

[ 2015/06/02 21:20 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/799-8b1f9857