2015年06月02日(火)

Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖~ 1 



著者:せがわ まさき (著), 山田 風太郎 (原著)
発売日: 2005/11/4

評価〔B〕 まだまだ序盤ですが、雰囲気は良いです。
キーワード:復讐、江戸時代、

「必ずや女人の手によって、厳しき罰が下されようぞ」(本文より抜粋)


江戸時代初期、謀反を起こし処罰された夫や兄弟たちのため、女性たちが仇を討とうとする物語です。山田風太郎の柳生忍法帖を漫画化したものらしいです。この二人のコンビは、『バジリスク~甲賀忍法帖~』のアニメを見て知っていたので、おそらく他の作品も面白いだろうと期待して読み始めました。

バジリスクのように実力が拮抗した者同士ではなく、力の差が歴然としている集団同士が戦います。一見勝負にならなさそうなのですが、題名から連想できると思いますが、女性側には心強い味方が現れます。ただし条件つきなので、それがどう影響してくるのかが楽しみです。

絵柄は濃い感じで、悪役はいやらしく、女性たちは色っぽく描かれています。絵は好みがあるので、少し眺めてみれば分かると思います。物語の冒頭から強烈なシーンが出てくるので、血生臭いのが苦手な方にはお薦めできません。

テンポは良いと思うのですが、1巻ということでこれから、というところで終わってしまうのが残念でした。でも、今後が期待できそうです。



スポンサーサイト

[ 2015/06/02 20:58 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/798-2eb30042