FC2ブログ







2009年04月28日(火)

無限の住人22 

無限の住人 22 (22) (アフタヌーンKC)無限の住人 22 (22) (アフタヌーンKC)
著者:沙村 広明
出版:講談社
発行:2007/12/21

評価〔B+〕 六鬼編も本格始動か?
キーワード:時代劇、不死、

紅き六花よ 二度我が眼前に(本文より抜粋)


かなり久しぶりに無限の住人読んだのですが、改めて面白いと思いました。近頃は4コマのような軽い漫画ばかり読んでいた気がしますが、たまに重厚な物語に触れると違った感覚で引き込まれます。

逸刀流を狩りに出た六鬼団、迎え撃つ逸刀流、そして主役の卍と凛。前巻から始まった六鬼編ですが、まだ序盤ですが登場人物たちの思惑が交錯してのめりこめます。この巻では1つの節目があって、吐鉤群の妻・志摩と息子・索太郎が大きく関わってきます。時代が現代でなく、江戸時代であることを強く印象づけられました。刀を振るうことだけが時代劇じゃない。

どう見ても怪しい六鬼団の蛇組は、初め見たときは作者の手抜きか?とも思ったのですが、見慣れてくるとあれはあれで味があるような気がしてきました。くの一の目黒とたんぽぽも、忍びにしては個性強いしね。それにしても目黒ちゃんは楽しいやつだ。

最新刊は24巻なので、まだ2巻の差があります。早く24巻まで読んでしまいたいような、一気に読むともったいないような、複雑な心境ですが、今のところは少しずつ読み進めていく予定です。


スポンサーサイト

[ 2009/04/28 21:35 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/79-3c39eb92