2015年05月03日(日)

RE-TAKE 4 

著者:スタジオKIMIGABUCHI
サイト:http://www.kimigabuchi.com/
発効日:2006/08/11

評価〔A〕 ようやく完結まで読めました
キーワード:SF、ロボット、新世紀エヴァンゲリオン、

「まだ、終わってません」(本文より抜粋)


いつ読んだかを記録しておきたかったので、同人誌ですが感想を書きます。

表紙を見れば分かりますが、新世紀エヴァンゲリオンの同人誌です。発行されてから何年も経ってから、ニコニコ動画のエヴァ関連の動画をみて初めて存在を知りました。その動画で、このシリーズが本編でも良いなんてコメントが残されていて、人気もあるようだったので興味を持ちました。それでときどき通販サイトをのぞいては1冊ずつ集めていたのですが、今回ようやく完結までそろえることができました。

シリーズは、旧劇場版の続きから始まり紆余曲折ありますが、この4巻でクライマックスをむかえます。絵柄が似ていてすんなり読めますし、そして何より大切なエヴァのあの暗い雰囲気がよく表現されていて、よくできていると思います。同人誌では完結しない作品も多々ある中、きちんと最後まで終わらせているところも良いです。厚めの本なので読みごたえありますよ。

注意しなければならないのは、本書が18歳未満禁止、俗にいう18禁、R18である点です。実際そういうシーンは数ページなのですが、購入する際はご注意を。でも、18歳未満の方もご心配なく。全年齢対象版が計3冊でていますのでそちらをご覧ください。僕が持っている1から4は全部R18です。

エヴァの世界をなるべく壊さず、それでいて納得するような結末を考えるのは難しかったと思います。しかし、この結末ならば納得する人も多いのではないでしょうか。テレビ放映から時間が経っていてエヴァの記憶も薄れているため評価はAですが、旧劇場版が終わったころに本シリーズを読んでいたらSをつけていたかも。



注:ネットで本書のことを調べていたら、Yahoo知恵袋に「東毅先生とstudiokimigabuchiのきみまる氏は同一人物」という書き込みを見つけました。東毅名義でサンデーで連載しているそうです。もう商業誌デビューはたしていたのですね。


スポンサーサイト

[ 2015/05/03 08:55 ] WEB漫画・同人漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/785-9afc171b