2015年04月29日(水)

Fランクの暴君 1 ―堕ちた天才の凱旋― 

Fランクの暴君 (1) ―堕ちた天才の凱旋― (電撃文庫)Fランクの暴君 (1) ―堕ちた天才の凱旋― (電撃文庫)
著者:御影 瑛路
出版社:アスキー・メディアワークス
出版日:2013/04/10

評価〔B〕 能力が可視化された知恵比べ
キーワード:学園、現代、知恵比べ

神楽坂エリカは孤高のライオンであり。藤白カンナが目指すのもまた、孤高のライオンだ。そして、ライオンは二匹もいらない。(本文より抜粋)


厳しい階級制度で管理された高校で、最下層の生徒として入学した天才生徒が頂点を目指すお話です。同じ著者の「空ろの箱と零のマリア」シリーズが好きだったので、新しい作品も読んでみたいと思い手に取りました。

主人公の藤白カンナが正義感溢れる好青年ではなく、周囲の人間を巧みに操り自分のランクを上げようと色々と企てるなかなか悪い人物なのが大きな特徴です。性格悪く外面は良い彼が学園のトップと言ってもいい人物を相手に下剋上を試みますが、学園の階級制度が大きな障害となります。立場が上の者から下の者へはある程度命令できるとか、ランクを上げることができるレイティングバトルは上のものが選べるとか、制約が多い中彼がどう動くかが見所です。各生徒の能力が頭脳Dや体力Cと評価され、誰でも知ることができるのがRPGのようで面白いです。

レイティングバトルは盛り上がりましたし、結末もはっきりしていて良かったと思いますが、「零のマリア」と比べると落ちるかな? いえ、あちらとは方向性が違うのは分かっていますが。ストーリーが二転三転するところは良かったのですが、人物がより印象に残るような、例えばエリカが圧倒的な能力を見せつけるようなシーンがもっとあっても良かったんじゃないのかな。

1巻だけでもきちんと終わりますが、続き物です。次も読むつもりです。

スポンサーサイト

[ 2015/04/29 21:33 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/784-ded460eb