2015年04月15日(水)

十角館の殺人 (講談社文庫) 

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)
著者:綾辻 行人
出版社:講談社
出版日:2007/10/16

評価〔B-〕 トリックは良いけれど。
キーワード:孤島、推理、

怪訝に思って、オルツィは十角館のテーブルに歩み寄った。そして、そこに並べられているものを認めるや、粋を呑んでその場に立ち尽くした。(第三章より抜粋)


面白い推理小説や衝撃を受けた推理小説なんかでネットを調べると、必ずと言っていいほど挙げられるのが本書、十角館の殺人です。1987年にノベルスとして出版されてから30年以上たちますが、週刊文春の東西ミステリーベスト100の2012版、日本編で見事8位に輝いています。人気ありますね。本書は、文庫版のさらに新装改訂版です。

孤島の館に少人数のグループが集まり殺人事件が起きる――と書くと、よくある推理小説のようですが、当時は新鮮だったのではないでしょうか。次々に起きる事件に緊張感が高まり、最後は驚愕の真相が明かされます。驚愕の部分はたしかに上手かったのですが、期待し過ぎたためか、絶賛するほどではありませんでした。また、僕の読解力が足らないせいか、序盤は誰がどのような性格か把握するのに手間取りました。個性があまり強くなかったのかも。ネットで犯人の動機が弱いという書評も見かけましたが、そう書かれるのも分かります。

トリックは良いのですが、全体的に見ると少々物足りない気もします。やはり過剰な期待が良くなかったようです。こうした有名作品は、情報なしで先入観がない状態で読むのが一番なのかも。


追記
長門有希の100冊のうちの1冊でした。
スポンサーサイト

[ 2015/04/15 22:01 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/781-b5f44f8c