2015年04月02日(木)

自称分析官ヴィルヘルムの迷推理 

自称分析官ヴィルヘルムの迷推理 (メディアワークス文庫)自称分析官ヴィルヘルムの迷推理 (メディアワークス文庫)
著者:十階堂 一系
出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
出版日:2014/06/25

評価〔B-〕 勢いが弱まっているような。
キーワード:分析、謎解き、

「知りたいことを知りたいように知るのが私の信条だからね!分析家を自称するからには当然だね!」(本文より抜粋)


面白そうなものは何でも分析したがるテルこと葵子が、仲の良いカモトキ君と一緒に身近な出来事をどんどん分析していきます。推理ではなく分析なので、きちんと正解が出るとは限らないのがポイントです。彼女は自分の面白いほうへと導くのが得意なのですから。題名からピンときた方もいらっしゃるでしょうが、電撃文庫の「赤村崎葵子の分析はデタラメ」シリーズの続編です。

一見もっともらしく聞こえる説明も、実は違う意図が隠されていることが多く面白いです。これは真実ではないなと思っていても、テルの分析を聞くと妙に納得してしまいます。このあたりは「分析はデタラメ」同様です。また、巻末に某登場人物による裏分析があります。本編で隠されていた部分がこれによって明らかにされます。裏の裏を推理しましょう。これもシリーズ共通ですね。

ただ、高校時代のトレードマークだった帽子を止めて外見が普通っぽくなったせいか、内容も「分析はデタラメ」よりも落ち着いた雰囲気です。ライトノベルっぽさが抜けて良くなったと評する方もいますが、僕は前のほうが好みです。分かりやすさと面白さは前のほうが上だと感じました。事件のインパクトが弱いと言いますか、地味でパッとしないような・・・・・・。もう少し大きな事件があっても良かったんじゃないのかなー。裏分析も唸るほどではありませんでしたし。

だんだんと勢いが弱まっているような気がしますが、このシリーズのファンなので次も期待しています。



スポンサーサイト

[ 2015/04/02 21:01 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonaku.blog51.fc2.com/tb.php/777-17e5e1a2